死の迎え方

f0287038_23513175.jpg

f0287038_23514556.jpg

予期せぬ突然の死でない限り、人は死の予感を感じるのか。
金子哲雄さんや有賀さつきさんのように、人知れず身辺整理をし
死を迎えることが自分に出来るのか、自問自答してみる。
恐怖や不安などもろもろの感情を内に秘め、明るく周囲と接し
人知れず静かに死を迎える。
自分だったら、死期を悟ったとき、うろたえ慌てふためき、今までどんなに
無駄な時間を過ごしてきたかを、思い知らされるだろう。
人生の達人なら黙って静かに、己が運命を受け入れ、消えていく。
でも、私は凡人。当然来ることが判っていることに対して、準備すらしていない。
いつ来てもいいようにエンディングノートを用意し、来るべき時に備えて整理すべきなんだ。
ご冥福をお祈りいたします。



[PR]
Commented by belcantaro at 2018-02-07 23:28
プリごろ太さん、こんばんは〜。
お二人ともお早い死でしたね。
華やかでいらしたので、とても寂しさがつのります。

生きてゆくってことは死に向かってゆくってことなのだけれど、、
殆どの人はソレを自覚しないまま生きています。
勿論アタシも。
いつか訪れるその日の為に、着々と終活をしている人もいますが、、
アタシは、、最期まで忙しく動いてバタッと逝くのが理想だし、アタシらしいかな、、って、、
「えっ、昨日ピンピンしてたのに、死んじゃったの、、?」ってな感じです。( ◠‿◠ )
無理かな、、(^^;; 💦
Commented by purigorota77 at 2018-02-08 00:06
> belcantaroさん
生きるってことは、ある意味わがままなことなんですが、
belcantaroさんの言うように突然死なら、周囲もある程度あきらめもつきますが…。
出来る事なら、遺された人の為にお別れの時間を作ってあげて欲しいです。
思いっきり泣かさせてあげることも、愛情だと思います。
って言いながら、俺は、気付かれもせずにある日いなくなった野良猫の様に、
死んでいくんだろうな~。(;^_^A
by purigorota77 | 2018-02-06 23:50 | その他 | Comments(2)